×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぶらっと散歩  2005/1/8

年明けの第2土曜日 自宅にて

・・・?携帯に誰かがコール。
・・・・・「頭文字山D」!
「ブロスさんまいど!」
「風邪の具合は どうですか?」
「はい ありがとう もう随分よくなりました」
いつも心配してくれてる仲間というのは とてもありがたいです。

たわいもない会話のあと 私の提案で京都まで出ることになりました。

仕度して 外へ出ると またも携帯コール。誰でしょ?
「ブロスさん 風邪の具合は いかがですか?」
メガネぱんださんでした。
・・・・ とっても ありがたいです。

結局 3人で落ち合うことになって 京都五條のリサーチパークの 珈琲ショップで落ち合うことになりました。

待ち合わせ場所への到着は一番乗り。
とても気分が良いのです。
先に行って 楽しい相手をゆっくり待つというのは 待ち合わせの醍醐味です。
お二人とも 人を待たせる人ではないので 嫌な気はしないのです。

正確な時間に来たにもかかわらず 私が先に来て待っているので すまなそうな顔をするお二人を見るのが ちょっと楽しく いささか意地悪な楽しみでもあります。
分厚い陶器のカップは唇に柔らかく  時間はことさらゆっくりと流れます。
時間どうりにお二人とも来られて 3バカトリオが揃いました。
 三人三様話題があって 山Dさんは自分の所属している電池の館の話。

メガネぱんださんは 正月からの追い込みの仕事のお話。

私は こないだの救急救命ミーティングのお話。

3人とも いつの間にか 今年の抱負みたいな感じに替わっていました。

一年の計は ここにあり。どうぞよろしく。
山Dさんは いつも変わったものを注文します。
カップに浮いているのは マッシュルームかと思ったら 「マシュマロ」でした。

とても上手に この飲みにくい飲み物を 飲んでおられるのを横目で見ながら 心の中で
・・・・「プ プロや・・・」と密かに思いました。
山D恐るべし・・・

この方のお仲間は もっと変っていて キムチ入りチョコレートとか 朝鮮人参入りキャラメルとか オフ会でもってこられます。
さらに 恐るべし・・・
お昼になったので 食事をしに タクシー会社のバイキングレストランにいくことになりましたが 山Dさんが とても嫌がるのです。
私とメガネぱんださんは 新しいネタいただき!とばかり 大乗り気でしたが・・・・

遅く行き過ぎて 昼の部営業終了でした。
残念!!
リベンジを誓う2人でした。
山Dさんは 嫌がってます。昔 なにかエピソードがあったらしいです。
今後の雨の日の日記を楽しみにしましょう。
代替で向かったのは 虎虎馬馬(ままふうふう)というお店。
お店の名前の意味は 開高健さんの紀行記「オーパ」に出てくる言葉で 「ぼちぼちいこうや」という意味だとか。
私の知っている まーまーふうふうの意味は 確かアバウトなとかええかげんとか あいまいなとかいう意味だったと 憶えていましたが 私の間違いだったようです。

お店は名前の通り ゆったりゆっくりしてください、という店主のメッセージが生きていて のんびり食事のできる 素敵なお店でした。
メガネぱんださんのは 今日の定食。
エビフライやら 肉のフライやら お惣菜 付け合せ 味噌汁 漬物 ご飯(丼メシ)が付いていて ボリューム満点で、バランスもよく さすがメガネぱんださんです。
山Dさんのは なんかフライがいっぱい付いていて 味噌汁と 大盛りご飯が付いています。
さらにスゴイボリュームです。

この方は とても大食らいですから こんなのは 朝飯前なのです。
そして私のが 「青丼」というメニュー。
冷奴 味噌汁 漬物 漬け合わせに チンジャオロウスー風丼が付いています。
大盛りを頼んでしまいました。

見た目 私のが一番おとなしめ だったのですが 実は私のやつが 一番大食いメニューだったようで 店のオバちゃんに「最後まで 食べることができましたか?」と聞かれてしまいました。

恥ずかしながら完食いたしました。
最近 胃拡張気味です。
ダイエットせねばなりません・・・・
ここの食堂の値段はとても安く 3人とも7〜8百円でした。
京都は 学生食堂が沢山あって 大食いの人には 住み易い街なのです。
このあとは バイクのカスタムの為 うちに戻られる山Dさんと別れて 私とメガネぱんださんとで またしても夕方まで珈琲を飲んで過しました。

あー 今日もよく遊びました・・・・

うちに帰ると また喉が痛くなって 風邪がぶり返しました。
あー はよねよ・・・

今日も お付き合いをありがとうございます。
私には 息抜きの良い休日でした。

 BACK