×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぶたじる かどや

怪しい食堂があるということで 頭文字山Dさんのご紹介で 京都市南区のかどや食堂というところへ行ってきました。

佇まいは怪しいお店らしく「ぶたじる」の看板が大きく上がっています。

昔のベタな食堂の定番で 「めし」の看板 白地に黒抜きの「食堂」という暖簾。
おちゃめなピンクの玄関。黄色に赤にピンク。
あやし〜い!(でも楽しい)
店内は思ったより怪しくなくて 普通の一膳飯屋の典型でありました。
でも今の若い人には 珍しくて新しいものかもしれません。

あらかじめ作り置いたおかずを取って ご飯とあわせて食べてから 最後に精算する方式は しゃれた言い方をすれば「カフェテリア方式」とも呼べるものです。

ここは定食が充実していて 値段の割には(大半は千円以下)美味しくて量が多くて 良心的な正しい食堂の形を呈しています。
こちらは頭文字山Dさんの注文された定食です。
トンカツとぶた汁の定食です。

大ぶりの丼に入ったぶた汁 通常よりはるかに多いご飯(これで普通盛り) かに身 胡瓜の朝漬け デザートにグレープフルーツ これで780円(2006/6現在 ぶた汁を味噌汁に変えると720円)

安すぎます。
私の方は 一品をとりました。
豆もやしの韓式おひたし じゃこごはん さらしくじら(オバケ)酢味噌和え ぶた汁。
細かく単品で頼むと 千円をオーバーしてしまいますが 好きなものばかりなので しあわせでした。

じゃこごはんは もっと粗末なものが出てくるかと思ったら 京都名物の山椒じゃこをご飯の上にめいっぱい乗せたものでした。
山椒じゃこはとても貴重なもので かなり高価なものなので 気前がいいなぁと思いました。
こっちはおばけ
よくさらしてあって 臭みもなく量も多く美味しかったです。
でもこいつが高価だったらしく 他のおかずとご飯をあわせた値段と同価でした。

今度行く時は 定食にします。

京都に行く楽しみがひとつ増えました。
看板のぶた汁です。
よく煮込んだ豚肉(かなり分厚い)と タマネギ 豆腐など あっさりした味噌とマッチしていて 久しぶりの美味しい煮物でした。

具沢山の味噌汁は 汁物というにはあまりにも もったいなくて 煮物というのがふさわしいと思いました。

タマネギは煮込まれてとろけそうだし 豚肉もぽろぽろで柔らかいんです。。

懐かしいおふくろの味です。
かどや
京都市南区吉祥院井ノ口町65
TEL 075-661-3807
木曜定休
営業時間
月、水 5:30〜14:00  17:30〜21:00
日、火、金、土 5:30〜16:30

変則的な営業時間です。
場所はこのへん

戻る