×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オリンパス キャメディア C-3040

また買ってしまいました。ここまで来るともう病気です。

価格com.のデジカメ掲示板を見ていると いろいろなデジカメの知識が得られます。かなり偏った意見ではありますが カタログ雑誌のちょうちん記事や宣伝記事にはない 生の使用感とかダメなところが 正直に書いてあって 使えるカメラを探している自分にとって 本当に欲しい情報に見えてきます。
ですから マニアが褒めていると つい欲しくなってしまうのです。

中途半端な知識しかない私にとって 洗脳されやすい危険な状況ですが これがかえって心地よかったりします。
やっぱり病気かなぁ。

えーとりあえず カメラのスペックと使用感を・・・・・
300万画素のスペックは 今では普及機の実力でしかありませんが 大きなCCDから来る無理のない画像は高精細で自然な色調は 写真メーカーらしい銀塩カメラチックな写りを約束してくれます。しかも高級レンズを使っていて 明るいF1.8の実力は 当時bPの実力を持っていました。レンズが明るいということは 暗い場所でも手ブレしにくく 撮影範囲が広がります。
何回も言いますが どんな素晴らしいカメラやレンズを使っても 手ブレしていたら台無しなのです。高級カメラで撮った手ブレ写真より 安い普及機で撮った手ブレしていない写真の方が ずっと価値があるのです。
あー  また話がそれました(すいません)

とてもよいカメラなのですが 欠点もあります。
シャッターレスポンスは ちょっと遅め 更に書き込み速度は激遅です。
ちょっと前の機種なので 今のカメラと比較してはかわいそうなのですが たぶん当時としてもかなり遅いほうだったと思います。
一枚撮って もう一度シャッターを押すと・・・・・あれっ?反応しません。
よくみると 書き込みの真っ最中。それがなかなか終わりません。

いい加減動いてくれよ・・・とぼやきながら撮影するはめになります。
すでにシャッターチャンスは逃しきって 被写体は移動して陰も形もありません。

私の撮影方法は デジカメの長所に頼ったスタイル とにかくバシャバシャとシャッターを押し その中から良いものを選ぶやり方なのです。
カメラに収まった画像は その場では削除せず うちに帰ってから いらないものだけを取り捨てしています。

ですから 書き込み速度が遅いと使い物にならず イライラしてしまいます。
のんびりゆっくり そして狙った被写体を 一発必中で撮れるだけの腕があれば良いのでしょうが まだまだ修行が足りず腕が伴わず カメラに頼っている状態ですから 私には使いきれません。
ですから ただいまこのカメラはカメラケースの中で 待機中・・・
と聞こえはいいですが コレクションになってしまうー(恥)
ああ・・・・自己嫌悪・・・すべて、すべて仕事が忙しくツーリングに行けないのがストレスになっているのですー(責任転嫁)ああ 自己嫌悪・・・・(恥)

普段は「道具は使ってナンボ」・・・とかいいながら 無駄遣いしてます(すいません)

本当は いいカメラなんですよ 多分 こんな明るいレンズの 真面目な作りの 良心的なこんなシリーズは もう作られないと思います。
現在オリンパスでは F1.8の明るさのレンズのカメラはありません。
コストがかかって 利益が出ないだろうし そのよさを理解してもらえないので あまり売れないだろうし 今後このようなカメラは発売されないと思います。

オリンパスキャメディア C-3040  有効324万画素  3倍ズームレンズ F1.8の明るいレンズ スマートメディア使用 単三型ニッケル水素電池 アルカリ電池 ニッケル電池 リチウム電池パック(CR-V3) CCDサイズ 1/1.8インチ

デジカメTOP