×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニコンクールピクス950

仲の良い友人が このカメラを発売直後からずっと愛用しておられます。
私も欲しくなり 中古店を幾つか廻って 買ってしまいました。
カメラ自体は もうデジカメではオールドタイプに入ります。

でも 発売された頃は この年の歴史的カメラに選定されるくらい 当時としては評価の高かったカメラです。ボディはマグネシウム合金で 黒くてずっしりとして 当時のプロの道具という感じです。(ニコンは報道関係者の人気が高いそうです)

この頃は仕事が忙しく ツーリングに行く機会がなくって 寂しさをカメラ購入で紛らわしていました。
購入理由は 次のツーリングで 素晴らしい写真を撮る為とかなんとかいって 自分を納得させるのです。
使ってみると その良さが納得できました。見易い光学ファインダー 大きな液晶画面 アルカリ電池の使える使いやすさ、そしてなにより このカメラの最大の特徴であるスイバルシステム。
スイバルシステムというのは ボディの半分のところでレンズ部とカメラ部が 折れ曲がります。その利点は 自由なアングルが可能なことです。腰のところまでカメラを下ろして撮影するウェストレベル撮影や もっと下、足元にカメラを置いて撮影する 超ローアングル撮影 また反対に 頭の上にカメラを差し出して撮影するハイアングル撮影など いろんな角度にカメラを差し出しても液晶ファインダーの確認が出来るのです。

素晴らしい機構なのですが 惜しいことに この時代のデジカメの液晶技術では 明るい日中では 画面が暗くて殆ど画像が見えないのです。
また レンズ自体が暗くて注意して撮影しないと 手ブレを発生させてしまいます。

結局モニターを使わず 光学ファインダーで撮影することになるのですが せっかくのスイバル機構がうまく生かされず 残念でなりません。

くだんのこのカメラを使っている友人は 気合の入った撮影で とてもきれいな写真を撮っておられます。このカメラ かなりの腕が必要のようです。
出来上がった画像は ニコンらしく渋い露出と真面目な画質で 好感の持てるものでした。
ただし腕がよければ という但し書きつきなのです。

私の腕ではまだまだなので 使えるその日までベンチウォーマーの毎日です。
衝動買いはいけません。
でもとっても男前なカメラ(?)なので ついつい買ってしまうのですよ。
くれぐれも ご自愛なされませ!(自問自答です・・・・・恥)

ニコンクールピクス950  有効200万画素 光学3倍ズーム コンパクトフラッシュ使用 単三型ニッケル水素電池 アルカリマンガン電池使用  CCDサイズ 1/2インチ

デジカメTOP