×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大黒ラーメン

今日はまりお流ラーメンの常連 太郎左衛門さんに
教えていただいたラーメン屋さんに行きました。

このところ休みがなかったので 一気に何軒も食べものやさんを周る日々です。

場所は近鉄&京阪伏見桃山駅の近く 超有名店なので どうかなぁと思いましたが お勧めで美味しければ 有名店でも行くべきなのです。

しかし面白い暖簾ですね。車を停めるスペースが少なくて 店の外観は 山科の「よなきや」にちょっと似ているのでした。

ラーメンはこんな感じ。
他所のサイトを覗いていると 豚の骨と鶏がらのミックススープだと書いてありました。

私はそんなに詳しくないので そういわれれば そうなのかなぁという感じです(スイマセン 専門家じゃないので)

でもよく見ると スープが下の層と上の層に別れています。そんなのラーメンサイトには書いてなかったのになぁと思って スープを一口すくってみると 上の層だけがレンゲで掬い取れました。

匂いをかぎそして飲んでみると 「あれっ これ知ってる味かな」と気がつきました。
そうこれは脂じゃなく コラーゲンの水溶液です。匂いから察すると 豚系じゃなく 鳥系 それもモミジ(鶏の足先の黄色い部分)から採ったスープ。

平たくいえば あの有名な「天一」のベーススープじゃないのかしらん?(どろっとした アレです)舌にざらついた 少しお湯の匂いのような 独特の香り たぶんアレですわ。
(いや 間違ってたらごめんなさい)

その下は 豚から採ったスープなのかな?下は京都ラーメンのベーススープを やや醤油を押さえた感じの味です。

なるほど こんなやり方もあるんですね。天一でもないし 第一旭でもない 第3のラーメンなのです。脂は一切控えめなのですが コラーゲンのおかげでコクがたっぷりあり しかもあっさりしています。醤油も控えめなので あっさり味に感じますが でも満足感もあります。

化調の匂いもしないし 毎日食べても飽きないラーメンに仕上がっています。

常連客が多いのも 頷けるところです。
麺は京都ラーメンとは違って かなり細め 湯切りがやや不十分で カンスイ臭さがやや残りますが 不思議と嫌じゃないのです。ちょっと驚きました。


大黒ラーメン
京都市伏見区京町大国町118
tel   075-612-3153
営業a11:00〜p23:00
月曜定休

ラーメンは470円(2005/12現在)
焼き飯もあり。ともに激安価格です。
しかも帰りがけ 次回に使える100円の金券をくれます。(利潤はあるのでしょうか?:ちょっと心配)

とっても優良店です。(太郎左衛門さん ありがと)

戻る