×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

だいやすの焼牡蠣

京都錦市場を散歩中 素敵なお店を見つけました。
市場の魚屋さん直営のお店で 昼間は焼き魚などの定食や 夕方からは 焼き魚や牡蠣 サザエなどを目の前で焼いて出してくれます。

勿論 オトナのお楽しみ ビールや日本酒などの酒肴になるのです。
殻つき牡蠣は 一個単位でオーダーできて 一個150円とリーズナブルなところが良いですね。

牡蠣はかなり新鮮で 臭みもなく レモンを絞るだけで充分美味しかったです。
店はカウンター6〜7人で 一杯になるくらい小さなスペースですが そこがかえって表を歩く人の空気感が感じられ 店員との距離感も近く 独特の開放感があります。

私がいった時も あとからあとから客が訪れ 外でも順番待ちに人が並び 大人気でした。

この雰囲気は お行儀の良い京都の市場の雰囲気ではなく 金沢の近江町市場にある 気軽に魚を食べる市場食堂のようでした。
夕方まえから堂々とビールを飲めるのは なにか後ろめたいような それでいてとても楽しい 大人の密かな楽しみのひとつであります。
このお店 データその他は まだわからないことが多いです。なんせまだ出来て2週間くらいだそうです。(2005/10/11現在)
いちおう 営業時間は 昼11:30くらいから3時までがランチタイム それ以後閉店の6時くらいまでは 牡蠣を焼いてビールがいただけます。

牡蠣の他は 隣の魚屋の品物なら 大抵は焼いてくれるそうで 鮭 鰯 鯵 などこの日は焼いて出てきました。
場所は 錦市場の西の入口高倉通りからはいって右側3軒目 魚屋さんの隣です。
この辺?

戻る