×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネットで 親しくしていただいている ひすあきさんに 案内していただいて
針中野界隈を 歩いてきました。
大阪市東住吉区 駒川商店街です。地下鉄駅と
近鉄駅を繋いで伸びています。
ひすあきさんちは この近くでした。とても活気のある
大阪らしい 楽しい商店街でした。
「おばちゃん これ落としたよ」「ありがとう にいちゃん!」
こんな普通の会話が聞こえてきた商店街でした。
この商店街 好き!
活気があって 賑やかで おもちゃ箱みたいな商店街でした。観光客もここへ来ればいいのに。
ここの地名になった 中野鍼医院
昔 ここに路面電車が出来るとき ここの医院一軒だけで 駅を作る資金を出したという。その感謝のしるしに 「はり なかの」という駅名にして その記念にしたというお話を ひすあきさんからお聞きしました。
きっと お客さんが増えて ますます繁盛したんでしょうね。大きな 建物でした。
昔の電車道や 古い町並みがそこここに 陰を落として
迷路になっていました。大きな大きな 庄屋さんと思われる焼杉の板塀の家が いっぱいありました。また付近には
古い神社が 沢山ありました。ここはひすあきさんが 子供の頃遊んだ 遊び場の一角ですが 今も3匹いる犬たちとのお散歩コースになっているそうです。
子供の目になって 低い姿勢になって 屏を見上げると なるほど 迷路に迷い込んだ迷い子の気持ちが 少しだけ解りました。
昔ここに 路面電車があった証、石の道標が残っています。左 はりみち 右は でんしやのりばと書いてあります。
表通りから 一歩はいると 大きなりっぱな蔵のあるおうちや 杉板屏のうちが続いています。
今回の目的が ひすあきさんにご挨拶するのが 目的だったので、町並み探検は ほんのさわり程度でしたが また今度 涼しくなってからの夕方に こっそりと迷い込みに来ようと思っています。


BACK