×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不思議なこと

2004年8月の北海道の旅は 不思議なことが多かったです。
本文で書いた 大阪のしょっち〜さん一行に 偶然出会えたこと。
詳しくは 北海道ツーリング本文で・・・

広い北海道で ほんの偶然の出会いでした。
何分かでもずれていたら 絶対会うことはできません。
あの日 富良野へ行くつもりはなく ホントは反対方向の 日高の方へ行く予定だったのですが たまたま 気まぐれでコース変更をしたのです。

かなりのラッキーが重ならないと 会うことはできませんでした。

もうひとつは 富良野麓郷から 鳥沼へ行く道のダートで 転倒したときのこと。
この時は 下りのワインディングで かなりスピードが出ていたにも関わらず 不思議なことに
転倒したときの ダメージは皆無でした。
服やズボンすら汚れることもなく 勿論怪我もありませんでした。

私の後ろを走行していた 女性ドライバーさんが 私の転倒した姿をみて 絶対怪我をしていると思い込み 様子を見にきてくれたのです。
後で見ていて これは絶対大きな事故だと 直感したそうです。
でも 結果はどこもぶつけておらず 怪我も皆無でした。
ジャケットに土もついていませんでした。

自分でも ああやってしまったと 思うくらいだったのです。
我ながら ちょっと不思議なできごとです。

それから もうひとつ。
札幌から 初山別に 向かったときのことです。
走行写真を撮るため 首から提げたカメラのシャッターを押す為に 走行しながら手袋を外した時 不覚にも手袋を飛ばしてしまったのです。
飛ばしてから すぐにもと来た道を振り返り 手袋を探しに戻ったのですが どうしても見つかりません。仕方がないので あきらめて先へ進みました。

夜が更けて ライダーハウスで宴会をしていたとき ひょんなことから 昼間なくした手袋が出てきました。
どこから出てきたかというと その後立ち寄ったよろずやで買い物をした レジ袋の中から出てきたのです。

私は基本的に あまり考えない人なので この時は結果オーライで 気にしませんでしたが
あとになって考えてみると つじつまが合わないことに 今頃になって首をひねっています。

空中を飛んでいった手袋が なぜ 一時間後立ち寄った よろずやのレジ袋から出てきたのか?絶対ありえないことなのです。
この時のライダーハウスの相客も このことを不思議がっていました。

誰か 説明つきませんかね?

 BACK