×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タンデム
高速道路自動二輪車二人乗りが 解禁になると ある方から 知らせていただきました。
バイクのりとしては たいへん喜ばしいことです。
実は私は 基本的に 二人乗りはやりません。

バイク乗りが自分で言うのもなんですが バイクに乗るというのは 非常に危険が伴います。事故というのは いくら自分で気をつけていても 防ぎきれないものです。
いわゆる もらい事故という言葉が あるくらいです。

こういうと 私が模範運転手みたいに聞こえますが とんでもない 私は決して人に褒められるようなライダーじゃないし 事故の確率も低くありません。

じゃあ 何でバイクに乗ってるの? と聞かれれば やっぱり楽しいからです。
 危ないと言うことは重々承知で バイクに乗っています。(自己責任で)

これが二人乗りになると 同乗者も危険にさらすわけです。自動車のように ボディやシートベルト エアバックで守られているわけではなく むき出しのバイクは 即 怪我や死亡に繋がりかねません。
二人乗りするということは 同乗者の命も預かるということです。
今のところ 命まで預かれる人もなく 一人で気楽にバイクに乗っています。

先日 掲示板でこの話題が出て おなじ考えの方が 沢山おられるのを聞いて 意を強くした次第です。


しかし これは個人的な意見 高速道路二人乗り問題とは 別問題です。
私は 他人の権利をどうこう 言うつもりはありません。
世の中には いろんな意見を持った人がいます。私の意見が 絶対だとは思っていません。
二人乗りについても いろんな意見をお持ちの方が 多数いらっしゃるでしょう。
二人乗りをするしないは 運転者や 同乗者の自由なのです。

これから春になって 各地の観光地の山岳道路を のんびりタンデムする姿が 沢山みられるかもしれません。みなさん お気をつけて!








 BACK