×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

琵琶湖合同ツーリング     2003.08.30
東海地方のカブ乗りのグループ カブ艦隊さんが 琵琶湖へ我々関西カブ仲間と 合同ツーリングをしようと 私たちに声をかけて頂き 勇躍私も参加することになりました。この琵琶湖ツーリングは 今回初めてではなく 数回行われたそうなんですが 私へのお声がかりは初めてでした。
うちのサイトはまだ 現在開設一年未満で 前回は無名でしたから 無理も無いのでしょうね。関西カフェカブのおかげで 名前を知っていただき やっとお声をかけていただきました。 嬉しいことですね。カブ艦隊さん 呼んでいただいてありがとうございました。
道の駅 琵琶湖大橋米プラザ 駐車場にて。
10時集合のはずが 私は9時に着いてしまい 誰もいるはずが無いので 暇そうにしていると すぐに明石からのお客さん「茹で蛸の政」さんが カワサキのデカオフ(KL600R)
に乗って やってこられました。いや ハンドルネームはいかついですが これがまた男前で 浅黒い甘いマスクに バッタ色のデカバイクで まあカッコええこと!間違えても 合コンとかご一緒したくない人ですが これがまた 気さくでエエ人なので 始末が悪い。結局 引き立て役をすることになります。ひとしきり 北海道放浪話をしていると 9時半頃 岐阜からのお客さんのご到着でした。 
東海地区からは カブ艦隊隊長さん のらさん takeshiさんでした。また もうひとり彦根のあきさん(女性)も到着されました。みなさん とても気さくな方々で 隊長さんは哲学者みたいな人で、のらさんは広報担当のわりにシャイで繊細な人 若いtakeshiさんは げんき元気な人でした。紅一点のあきさんは ちいちゃくてかわいい人ですが エネルギーいっぱいのパワフルおねえちゃんでした。実はお話しすると この夏 私と北海道でニアミスしていたそうで
お互い顔を知らないので この時は挨拶なしでした。二人とも この日は大笑いで 改めてご挨拶させていただきました。
次にこられたのが mぱんださん。繊細で物静か でも冷静沈着。このあと ある”事件”で彼が自らこれを証明することになろうとは・・・・(なかなか ドラマしてるでしょ)
続いて われらが銭湯員さん。前日ギリギリの参加表明で いつものように颯爽と 赤いハンターカブで現れはりました。
・・・で 肝心の組合長さんが 待てども来られません。待ってて いつものように拍手するのもシャクやから とっとと皆で コーヒーコーナーに引っ込んでたら BMWのGSに乗ってのご登場でした。
いつもええとこ持っていかれます。遅れてきても 憎めない人です。
みんな揃って コーヒーを飲んで談笑した所で 次の目的地を相談した所 温泉に行こうということになりました。それで カブ艦隊の皆さんの提案で 琵琶湖の北西の朽木村の温泉 てんくうに行くことになりました。距離としては ちょうど良く山の中のツーリングが実現して みんなウキウキしていました。
琵琶湖大橋から まっすぐ山手の方へR477を通って 途中越えからR367にスイッチして 北行き鯖街道を進みます。
みんなカブだというのに とばすとばす。特に東海の方々は 古いカブにもかかわらずとても速かったです。なんでも カブは古いやつほど高回転型だそうで 回すほどに元気になるエンジンでした。さすが世界のホンダ!カブがこんなに楽しいキャラクターだったとは 知りませんで いい勉強になりました。ただし音と振動も世界一かもも?
それと 紅一点あきさんの黄色リトルも元気元気! 彼女 北海道帰りで ますますパワーアップしているようです。まわりのおっさん顔負けで ずいぃぃぃ〜と走っておられました。
てんくうに到着して一台のカブがストップしてしまいました。のらさんが カブを止めてリアボックスを 引っ掻き回して何か探しています。みんな心配そうに集まりました。のらさんいわく 左サイドカバーが外れて カバーと中に入っていた 書類(登録証と保険証)工具などを 今来た道に落としてきたらしいとのことでした。もうえらいこっちゃですわ。早速 捜索隊が結成されて 組合長さん 政さん 銭湯員さん mぱんださんの4人で もと来た道を捜索することになりました。残るメンバーは居残りで 報告を待つことになりました。
3人はバヒューんと 残りのmぱんださんは とぼとぼ(スペィシー125です)と捜索開始。居残り組は 落し物捜索の結果を 今か今かと待っていると 意外に早く15分くらいで ありましたよ〜という嬉しい返事でした。良かったね、のらさん!
結局 ゆっくり走ったmぱんださんが 目を皿のようにして 見つけたそうです。他の三人は 落し物に気付かずにバヒューンと いってしまったそうです。冷静沈着な mぱんださんの本領発揮でした。
皆様 ご苦労様でした。
てんくう前で 贈呈式は行われましたが なんか怪しい絵面(えづら)ですな。
バイク便のお兄さんが 宅配を届けた瞬間みたいです。・・・あの?印鑑お願いします(笑)

mぱんださん さぞはずかしかったでしょうね。周りには 私たちのほか一般人も沢山おられて 注目の的でしたものね。(写真撮らせた 私が一番 鬼 でした)
てんくうは 週末ということもあって とても混んでいましたが みんなゆっくりと浸かって いっぱいしゃべって とろけるように ふにゃ〜となってしまい、グズグズと出発できなくなってしまいました。 しかも昼食もまだだったので 近くの道の駅 朽木本陣で飯にしようと 走ったのですが 途中ではぐれてしまい 仕方なく残ったメンバー あきさん mぱんださん 銭湯員さん 私(ブロス)は この場で解散することになりました。
私と銭湯員さんは R367を戻りました。mぱんださんと あきさんは 琵琶湖方面のR161方面へ別れ別れでした。

後で聞くと カブ艦隊のみなさんと 組合長さん 政さんは琵琶湖を回っていかれたそうです。なんか 尻切れトンボの結果でしたが ここで解散するのもまた ツーリングとして面白かったと思っています。
最後は 三宅八幡で銭湯員さんとも別れ 京都市内へ。途中カバンから めがね、その他をおとしたのに気がつきました。
なんてことでしょう。最後の最後になって 今度は私が落し物をするなんて!

戻ろうか どうしようかとしばらく悩みましたが めがね以外は 大事なものは無し。めがねは スペアもあるし。あきらめようと判断しました。そう考えると 無性に腹が減ってきたので いつも行く第一旭によって ラーメンを食べて帰りました。心配していた、雨は何とかセーフで 家に入って1分後に 大粒の雨が降ってきました。きっと 雨は蛸政親分が 持って行ってくれたんでしょう。

不思議なことに このときの雨は 私が帰った頃 私の住んでいるところのピンポイント地点と 蛸政親分が移動したところだけ 集中的に降ったそうです。

「茹で蛸の政」 親分 あんた雨の神様に好かれてるで!さすがのわたしも あんたには勝てません。
追伸 
私のほうの落し物は 別れ際 銭湯員さんが気がついて 全部拾ってくれたそうです。あー助かった!(今回 私がアホでした)銭湯員さんありがとうございます。
久々に楽しい スリルとサスペンスと エンターテイメントの濃〜いツーリングになりました。私が落し物をする”オチ”までついて。
本日(8月30日)ご参加のみなさま。本当にご苦労様でした。
カブ艦隊の皆様 引き止めてごめんね。また 遊んでやってください。
どうぞよろしく。
組合長さん>
こんど遅刻したら・・・いや あんたやったら憎めませんわ。ほんま いつもええとこ持っていかれますね〜 
みなさま また遊んでくださいね。
 BACK