×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

亀八食堂

大阪からはちょっと遠いですが 三重県亀山市まで行ってきました。
ここは occhan rider さんから教えていただきました。

occhan rider さんによると ここはトラック野郎(死語)御用達のみならず バイク野郎(再 死語)も 沢山集まる ありがたーい食堂だとか。
私が行ったのが 昼前の11時40分くらいでしたが このとうり お客さんでいっぱいです。

近くで道路工事をしているおじさんたちや トラック便のおじさん 近所のおばさん 自転車に乗ってやってきたおじいさん 若いカップルに 年配のカップル 何を思ったか大阪からわざわざ食べに来た暇なライダー(約一名:笑)

店内は昭和レトロな昔食堂です。
けして昔(風)ではなく リアルな昭和調なのです。

菅原文太主演の映画 トラック野郎シリーズに出てきそうなそんな雰囲気がぷんぷんします。
あっ失礼! 平成生まれの人にはわからないでしょうね。
メニューの中身は焼肉でした。
教わったとおり 豚肉1 ホルモン1 ご飯中 うどん1とオーダーしました。

テーブルにしつらえたガス台の上に置いてある ちりとりみたいな鉄板に 注文した肉と大量のキャベツが投入されます。
肉には大量の味噌だれが乗せられていました。

これを焦げないように ひたすら箸で混ぜ続けます。やってみて分かったのですが 大量のキャベツからかなりの水分が出るので これを利用して肉を焦がさないようにすること また最初は味噌だれを直接鉄板に触れさせないようにすれば 焦げるのを緩和させられることでした。

ただし ある程度味噌も焦がし加減にしないと 美味しくないことも分りました。
少し火が通ってくると ガス火を弱め 味噌が煮詰まってきて焦げつきそうになったところは キャベツでこすります。

やや香ばしいくらいに味噌がこげて ホルモンと豚肉に充分火が通ったところで出来上がり。

さすが名古屋の食文化圏の亀山市です。
真っ黒に焦げた味噌だれが食欲を誘い かなり美味しく仕上がりました。

たれの味は 赤味噌 砂糖 果実系(りんごのすりおろしかも?)タマネギ(?)ゴマ 生姜(?) ニンニク 味醂 醤油などが 入っていると予想します。
あと野菜系が(根菜系)が入っているかもしれません。
(あくまで予想なので あてになりませんよ:念のため)

肉があらかたなくなれば うどんを投入して仕上げに食べます。
ご飯は中を頼んだので あっという間になくなってしまいましたが うどんまで食べるとおなかいっぱいになって 私には苦しいくらいの腹具合でした。

ご飯を大にしたら うどんは食べられません。
昔はこんな雰囲気の食堂は 大阪にもいっぱいありました。

こういうところは 食堂とか焼肉やとかいわないで「ホルモンや」とかいったもので 私が子供の頃は 大人の出入りする飲み屋さんで 子供がいけるところではありませんでした。

私の知っているところで 似た味を出す食堂といえば 北海道足寄町の「大阪屋食堂」か 道東直別の「ミッキーハウス」(ともにジンギスカン)が似ています。
他に ちりとり風の鉄板で焼肉を出す焼肉やは 大阪の生野区界隈にも少ないけれどあります。
食べ終わったあとの鉄板は 店のおねえさんが焦げを ヘラでごしごし 力技で擦り取っています。

大抵のテーブルでは 限界まで焦がしてしまうので 焦げ臭い匂いが漂っていました。

「香ばしい」から「焦げ臭い」に変わるのはすぐなので ガス火の調整は難しいのです。 

おねえさん 私の鉄板はあんまり焦げてないでしょう?見てみて!(笑)

鬱到しそうだったので 早めに退散しました(汗:)
亀八食堂
三重県亀山市布気町1799
TEL 05958-2-0828
営業時間 
平日10:00〜23:30
土日10:00〜22:30
定休日第三月曜日
(2006/6現在)

焦がさないようにあなたも一度 亀八食堂にチャレンジしてはいかが?
今日も亀八食堂では じゅわじゅわという野菜を混ぜる音が響きます。じゅわじゅわ〜・・・・・

戻る