×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方見聞録 遣唐使徘徊記 
箱根プチツーと 関東オフミ 
世間では三連休とか聞きますが なかなか休みが取れなくて ツーリングの機会を逃していましたが 10月11〜12の土日 拝み倒してお休みをもらいました。

目的は 箱根周辺を見て廻ろうと思っていましたが またもや曇りのち雨模様で 走るのはそこそこにして 関東方面でweb上で お世話になっている方たちへの ご挨拶に行ってきました。

皆様 突然の訪問にもかかわらず 気持ちよく迎えてくださって どうもありがとうございました。さすが BM救助隊隊長さんの お仲間です。
画像は 大観山から見た 富士山です。
今回は 私に振り回された 皇帝ペンギン仙人さん TRX850さん ゾルゲッチューさん ととろさん 皆さん感謝いたします。
TRX850さんは女性ライダーですが スリムですらっとかっこよく 颯爽とバイクに乗ってらして ワタクシ正直緊張しまして 彼女のバイクのカスタム箇所など 是非聞きたい事もあったのですが 緊張してしまって 聞きそびれてしまって 非常に残念なことをしてしまいました。せっかく やっとお会いできたのにね。その長い足 私に少しください!・・今頃になって やっと冗談が言えるようになりました。(もうおそいか!)
今回観光モードで ちまちまっと走りました。コースは 大観山〜箱根駅伝ゴール〜杉並木〜大涌谷 ここで連絡が入って なんとゾルゲッチューさんまで 来ていただけるという事になりました。

しかし ゾルさん病み上がりにもかかわらず 華麗なライディングを披露していただきました。バイクはST1100ですが パニヤが 地面に接地しそうなくらいヒョイヒョイスラロームしながら リズミカルに走ります。面白いので ついていくと TRXさんも 楽しそうについてこられます。みんな良いリズムで 狭い林道を走りました。
特別早く走ったという感じではありませんが このくらいのペースが楽しいです。先頭がウマいおかげで 楽しく気持ちよく走れました。ちなみに しんがりは 仙人さんのZX10でした。皆様楽しそうでしたよ。
途中 何処をどう走ったのか さっぱりわかりませんが 二宮という所で あの有名な二宮尊徳記念館に ご案内していただきました。何でもこの辺はゾルさんの地元だそうで どうりでやけに詳しいはずです。
左 尊徳の生家
中 背負子(やませ)
右 ご存知校門の金次郎
二宮尊徳さんは この町の出身だそうです。二宮さんは 東北の貧しい寒村の出身だと思ってましたら 神奈川県の二ノ宮町の出身だそうで 生家はかなりのお金持ちのようです。ただし 子供のときに 家が破産したようで ここから努力の人の第一歩がはじまったそうです。
二宮尊徳記念館を見てから 皆さんがよく行くラーメン屋さん 一龍に連れて行ってもらいました。季節限定のラーメンをいただきましたが けっこうおいしかったです。ここで TRX850さんから 私にお土産をいただきました。私、何も持っていかなかったので はずかしいです。 
ここで ゾルさんの提案で ととろ亭にいくことになりました。でも ととろさん 具合が悪いと聞いていたので ちょっと心配していましたが、仙人さんによると大丈夫とのことでした。まあ病み上がりのゾルさんより 悪いわけはないか。
夕方 ととろ亭 到着。お仲間のお二人は 遠慮なく入っていきますが 女の子の部屋にずかずか入っていくのは とても気が引けました。 しかしととろさんが気持ちよく 迎えてくださったので 遠慮しながらも TRXさんと入って行きました。女性の部屋に お邪魔するのは とても緊張します。ととろさん すみません 突然お邪魔しまして・・・
ととろ姫にお会いしましたが、背中の羽は生えてなくて きっと押入れの中にあるのかもしれません?(笑)
思ったよりも華奢な方でした。

ドラえもんの椅子もありましたし webで見たとおりの方なので なんか 初対面ではない様な不思議な感覚でした。私のページは あまりよくはご存じないようでした。そりゃあ私は隊長板では あまり顔出ししてませんから しかたないでしょうね。・・・で無理やり仙人さんにお願いして ととろ亭のパソコンに 私のページをお気に入り登録してもらいました。(悪いやつです)ととろさん たまにでいいですから うちも覗いてやってください。猫バスの画像 あっぷしますからね。
この後 2時間くらい皆さんでお話しして まだお疲れのゾルさんと お忙しいTRX850さんは お帰りになるのでお見送りに出ました。帰りに やっとTRxさんに パワーアシストクラッチを見せてもらいました。オフロード用のパワーアシストクラッチを このバイク用に
改造したなかなか 賢い改造に 感心してしまいました。彼女の すり抜けの軽やかさに納得したブロスでした。握らせてもらうと 原付並みの軽いタッチに 舌を巻きました。
ただ 調整がデリケートそうでしたが ちゃんとメンテできる彼女だからこそ 使いこなせているのだなと 思いました。大型バイクは 知恵と度胸で乗るもんですね。

でも 一番思ったのは 私にももう少し身長がほしいわ。もっというと 長い足が欲しいです。そしたら アフリカツインが乗りこなせるのに。

TRX850さん ゾルゲッチューさん お二人ともありがとうございました。敬礼!!(前から ゾルゲッチューさん 仙人さん 私 TRX850さん)
その後 あつかましくも私は この夜仙人亭に 泊めていただく事になりました。
実はナイショですが 朝 付近のユースホステルに2軒ほど 電話したのですが 生憎いっぱいで 断られていたので 小田原あたりのビジネスホテルを取るつもりだったんですが とりあえずは ととろさんにご挨拶してからと 宿を取るのを遅らせていました。
そこで 親切にも仙人さんが うちに泊まるようにと勧めてくださって あつかましくも甘えてしまったわけです。いざとなれば このまま日帰りで大阪まで帰るつもりでいたもので あまり心配していなかったのですが どうもこの時間から 雨が降り出して帰ることも出来ず 仙人亭に泊めていただいて感謝しています。
夜はととろさんと 仙人さんと三人で 居酒屋に繰り出して 私と仙人さんは しこたま飲んだんですが ととろさんは アルコール抜きでした。やっぱり 少し具合が悪いようでした。顔色も抜けるように白く もしかしたらご病気なのかな?と心配しました。
お連れして まずかったかな?でもまあ 少し食べられたようだし、大丈夫かな?
夜は仙人亭で 二人だけでもう少し飲んで(ととろさんは 帰られました) 面白い話しもしましたが あくる朝はすっかり 仙人さんの昨晩の記憶が無くて 前の晩のことは私だけの秘密になりました。ははっ
翌日は ととろさんに 大急ぎで(笑)おにぎりを握っていただき 帰りに食べるように持たせてもらいました。ととろファンに恨まれそうですわ。受け取る時 手が真っ赤で 痛々しかったです。今まさに 炊き立てのご飯を握っていただいたようです。感謝!
お世話になりました。仙人さん ととろさんに見送られ 雨の止み間に 10時15分ごろ
仙人亭を後にしました。その後 西湘バイパスを降りて 少し海を見ました。
サザンの歌の舞台がすぐそこなんだなーと思いながら(実際は もう少し東よりかな?)
11時前に 東名秦野中井から 大阪へ帰りました。
夕方の大阪イナイチ(R171号)は まだ明るく自宅には4時半に辿り着きました。
お疲れ様でした。やっぱり でかいバイクは速いなあ。・・・ただいま!

かの地で お世話になった皆様方 ありがとうございました。
ほんとに いい人達ばっかりで うれしくまた 楽しかったです。
みなさま 時間があればまた寄せていただきます。よろしく!
 BACK