×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪キタ 地下街の串かつ


大阪キタは不思議な町 阪急 阪神 JRのターミナルがある町で 大阪の表玄関梅田のあるところ。
オフィスビルが立ち並び サラリーマンが多数闊歩する所ですが 大阪らしく飲食店も多く ランチ店も充実しています。


大阪キタの地下街は 飲食店の占める割合が高く 本来地上にある店が ここでは地下にもぐって 独特の雰囲気を作っています。

特に串カツ屋なども 多くは地下にもぐり 年配の男性を中心に昼間から賑わっています。

大阪のサラリーマンは お昼にビールを飲む人も珍しくなく カウンターや立ち飲みの串かつ屋さんも賑わっています。

昔、ウメチカと呼ばれた梅田地下センターも いまはホワイティうめだと名称は変わりましたが その賑わいは 今も変わっていません。


ここは串かつ屋の中でも 庶民派で知られるヨネヤさん。

ここの串かつは 注文してから揚げてくれる通し揚げ方式。
対面方式のカウンターは 立ち飲み式で イスがありません。

座って食べたい人は 店内の左側のスペースにいけば イスとテーブルのあるコーナーもあります。


通し揚げとはいえ 時間はかからず わりと早く注文したものが出てきます。

粘りのある衣を高温で揚げてあって めいっぱいふっくら膨らんでいますが 中も外もパリパリで パン粉も薄めに付いています。

揚げ油は動物性のラードで コクがあってどっしりした感じ。
熱々をほおばれば そのボリュームに驚きます。

今日頼んだのは イワシ タコ 牛串 タマネギの4種類。
熱々の通し揚げはとても贅沢な食べ方です。

ソースはあっさりして酸味の強いもの 辛味も少なく くどくないのは カツのボリュームとの
バランスを大切にしたものかと思います。

もちろんドボッと丸ごとくぐらせてしまいましょう。
ただし大阪串かつのオキテ 
ソースの二度づけは許しません。

カツの値段は1本120円〜200円くらい (2006/10)


大盛りのキャベツは テーブルにおいてあって これも手でつまんでソースにドボッ。

柔らかくみずみずしく とっても甘くて美味しいのです。
手でつまんで食べるから 美味しいんでしょうね。

手でものを直接食べるインドの人って グルメだと思います。


ヨネヤ
大阪市北区梅田
ホワイティうめだ ノースモール
06-6311-6445
営業時間
平日 11:30〜21:30
土・日・祝 11:00〜21:00
休日  第三木曜

難波にもチェーン店があります。



こちらは 同じ並びの鳥の巣さん。
こっちはカウンターオンリーですが 立ち飲みではなくイス席ばかりです。

お店のシステムは 客にかまわずどんどん揚げていって ある程度ストックしておいて 注文が入ると 二度揚げしてくれます。

もちろん揚げたてが食べたかったら 別に注文すればいいし 順番に揚げて持ってくるものを狙ってとってもいいのです。

いわば回転すしのやり方に似ています。

ネタの回転率がとてもいいので 揚げたて同然のものが食べられます。


ソースの入れ物は 陶器のカレー皿のようです。
串かつの揚げ油は植物性で あっさりしています。
衣も薄く天ぷらみたいな感じ。

やはり揚げたてをいただくと とっても贅沢で 庶民でよかったナーと感じるひと時です。


この日のオーダーは ししとう ちくわの素揚げ 牛串 牡蠣 キス 帆立 どれも揚げたてのものをもらいました。

こちらのソースもウスター系ですが 油が植物性だけに コクのあるものがチョイスされています。
理にかなってますね。


値段は100円〜200円くらい(2006/10)
串かつの他に一品もあるようです。
私は串かつ屋に行けば 他のものが目に入らなくなるので 串かつ以外は食べたことがありません。

店員さんが年配のおねえさんばかりのお店だったのですが 最近は若い女性も見られます。

その若いおねえさんは どの方も中国の女の人のようです。

いよいよ大阪も東京みたいな 国際都市になるのかしらん?

私はいいことだと思いました。


ベテランの古株のおねえさんが ソースの継ぎ足しの実演をやってくれました。

「ソースを入れるから はやく撮ってやー」
どぼどぼどぼ・・・

とっても愛嬌があって 優しくてサービス精神旺盛な大阪のおねえさんは 人懐っこさに溢れています。

きっと仕事とこの場所と そしてなにより人間が大好きなんだナ と思いました。
きっと・・・・・・・

ふれあいだって 味のうちなのです。

鳥の巣
大阪市北区角田町ホワイティうめだノースモール
TEL  06-6312-6817
営業時間 10:00〜22:00























































































戻る