×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モンゴル料理まるボーズ 閉店しました

珍しい料理をいただいてきました。
モンゴルという国は 民俗学博物館で 移動住居ゲルを見て 密かに憧れていました。
騎馬民族は バイク乗りに通じる勇ましさがあります。

料理は手軽にモンゴル定食を 頼んでみました。

右上のコップは ミルク茶 少し塩味で飲み易いです。ミルク臭くはなく ちょっとスープっぽいですね。

下はホルホグ(羊の石焼煮込み)
左の皿は ボーズとホーシュールと ポテトサラダ
ホルホグ〜羊の石焼煮込み

羊のポトフという感じの料理です。
骨付きの羊肉を 野菜と一緒に長時間 柔らかく 煮込んであります。

ジャガイモも ニンジンも ほぼ丸のまま 煮込んであって ほくほくしています。特にニンジンは 自然の甘さがあって 私は大好きです。

スープは 目だった香辛料を使わず そのまま煮込んであるのが特徴で スパイシーさが全くなく ポトフというより日本のおでんに近いかもしれません。かなり素朴な料理です。

ただし 羊肉というのは 熱い間は匂いを感じませんが 冷めてくると急速に クセのような匂いが強くなって来るし 脂も急速に固まってくるので 早めに食べてしまうか 加熱しながら(鍋料理の用に)食べることをオススメします。

羊の匂いが平気な人は なんともないのですが・・・・(私は平気です)

左はボーズ。羊肉の小龍包といった料理です。
こちらも香辛料は控えめですが 出来立ては熱々のスープが ほとばしってそれだけで美味しさが味わえます。

右はホーシュール。
羊肉のミンチとジャガイモを 小麦の皮で包んで揚げた 揚げ餃子のような料理。

インドのサモサにもちょっと似ています。
この辺は 中華の文化圏なので 中華料理の影響が強いようです。

真ん中はポテトサラダでした。

全体に素朴な感じの味付けで どこのエスニック料理よりも 日本人にはなじみ易いと思います。

珍しいものをいただきました。
ゴチソーさま!

モンゴル料理まるボーズ

京都市左京区田中里ノ内63
tel  075-712-6086
営業時間
12:00〜14:30
18:00〜23:00

月曜定休
場所はここ
メニューは他にも モンゴル手打ち焼うどん 羊丼 つけ麺 モンゴル茶雑炊などがあります。



戻る