×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奈良でまったりオフ会   2005/4/3

やってきました奈良都大路。前回弘法さんオフから1週間後。火夜さんやパンダさんと待ち合わせ。

奈良の町には シカ注意の標識が良く似合います。都会の真ん中で こんな標識が見つけられるのは ここだけでしょうね。

空は曇りのち時々小雨
いつもの雨男面目躍如です。
集合時間より早く着き過ぎたので 付近を散策していると県庁で 企業と官庁のタイアップで 環境とリサイクルフェアを開催していました。
手作りの電気自動車や電気スクーターの展示があって 個人参加の手作り自動車も見せてもらいました。
でもなんといっても一番環境に優しいのは 画像の真ん中のベロタクシーでした。

かなり大きいイベントでしたが 時間がないのでゆっくり見られず 後ろ髪惹かれる思いで 会場を後にしました。
約束の時刻には 京都のめがねパンダさん 奈良の火夜さん そして飛び入りで 私の師匠京あられさんが来られました。
皆さん どーも!

最近のオフ会や散歩ツーリングなどは 全部パンダ氏と一緒です。もう一人の頭文字山D氏は 今日はお仕事です。
さすがに今日はこないのです。
ちょっと寂しいデス。
まずはならまちに行く途中で 昼食をとります。
とあるレストランで 「オムピラフ」というメニューを見つけて 入ってみました。
出てきたのがこれ オムライス風ピラフ。

味ははんなりした薄味で嫌味がなく 男性には物足りないかもしれませんが 女性うけしそうな 優しい味のほっとするものでした。

オムピラフは バリエーションが沢山あって 私たちが頼んだのは帆立貝いりクリームソース仕立てでした。トマト味がないのでソースの味がよく分かりました。
食事が済んで ならまち界隈をそぞろ歩き いよいよ町猫さんにご対面にいきます。

まずは黒猫さま(画像なし)黒猫は撮影が難しく 画像が撮りにくいのです。とてもフレンドリーで スキンシップさせてくれました。人間が好きみたいです。
次に屋根の上のぶち猫さま
撮影しても逃げないのは リラックスしているようです。
カメラを構えた人間が4人も揃って自分を写しているかと思うと 「バカなやつらだねー」と笑っているかもしれませんね。いや きっとそうだわ、うん。
次に塀の上のモノクロ猫さま

目が細くて四角い顔の ブサイク猫さまですが 案外猫の世界では 美形なのかもしれません。

でも・・・なんだか年寄りくさいですね。

耳を立てて 警戒しているようですよ。
ジャングル模様のジャングル猫さま
アバンギャルドな背中の模様と 鋭い視線。

つやつやした毛並みと 栄養状態のよいぼってした体格は 飼い猫のようです。

野生的な容姿は 山猫のようです。

頼むから睨まないで下さい。
おしっこちびってしまいます。
ならまちの一番の見学スポット ならまち資料館です。地元では「庚申(こうしん)さん」とか 庚申堂とか呼ばれています。
正しくは吉祥堂といいます。

先ほど頭文字山Dさんから連絡があって 京都からこちらへ来られると連絡がありました。そこでここで待ち合わせすることになりましたが この場所がどうしても判らないのだそうです。

山Dさんが来たら もっと楽しくなりそうです。
山Dさんを待っていると 着物をきた女性のグループが お参りされている場面に出会いました。

ちょっと派手かな?と感じましたが 皆さんなかなかお似合いでした。

参拝に和服。日本的な取り合わせです。
しばらくすると 山D氏登場。
ここの場所を訪ねた交番で とんちんかんな応対をされて かなり怒っている氏でありました。
最近おなじみになりつつある ヤマハFZ1000Rでカッ飛んできてくれたそうですが 本人はリッターバイクではなく 「メイトの大きいやつ」と言い張ります。
山Dさんが来たので 近鉄奈良駅付近まで戻って ハンバーガーショップにて休憩します。
めがねパンダさんと 頭文字山Dさんは話題豊富 火夜さんと京あられさんは 聞き上手 とっても楽しい時間でした。私はといえば・・・いねむりしてました。
まったりしたあとは 氷室神社で桜見学。
どうやらここだけが満開のようでした。

私にとっては 今年初めての桜見物でした。

翌週から仕事が忙しくなって 桜見物はおあずけになって 結局まともに桜を見るのは これっきりになりそうです。
見事な枝垂れ桜ですね。
ピンクの花びらが幾重にも重なって 桃色の雪が積もっているようでした。
きっれーです。
日が暮れました。さあ帰りましょう。
帰りは雨が激しくなったので 流れ解散をしました。めがねパンダさんに 夕食に誘われましたが 雨が降り続くようなので お断りしました。

帰り道 奈良から出ると なぜか雨は止みました。
めがねパンダさんと別れた 京都府八幡市から大山崎そして自宅のある大阪府高槻市まで 土砂降りの雨に遭いました。

一人きりになったとたんに 待ちかねたように雨が降るなんて あまりにあまりな展開でしたが まさにお約束という言葉がぴったりするラストシーンでした。
最近の私の雨男ぶりは まさに神がかり ピンポイントで雨にやられてしまいます。

 京あられさま めがねパンダさま 火夜さま 頭文字山Dさま 一日遊んでくださって ありがとうございます。おかげで日常の疲れが飛んで胡散霧消してしまいました。
また遊んでくださいませ。

えっ?シカ??・・・・雨の日はお休みなのです・・・(嘘)

CT110トップ