×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

踊るうどん



大阪と京都を結ぶ私鉄 京阪電車の沿線の大部分は どこか懐かしい庶民の町の匂いがして 各駅停車の停車駅で降りると なぜかほっとします。
ここ守口市の滝井という駅は 多くは屋根の低い家屋に囲まれた住宅街にあって 駅前は賑やかではありませんが それなりに庶民的な食べものやさんが 点在しています。

ここは駅からすぐにある 大学の付属病院の城下町的場所でも有ります。



踊るうどん  この面白い名前のうどんやさんは 開店の11時半を過ぎ 11時40分に来店したのに 近くの大学病院の医大生で もう満員でした。

うどん店の形式は讃岐系のようです。
ぶっかけ 生醤油 温うどん 釜玉とあり 関西系のうどんとは全く違うサービスの方法です。

ただ うどんは 独学で勉強されたもので この店独特のうどん料理を追及されているようです。



何が踊るのだろうと思いながらも 試しに生醤油うどん(まいたけつき)を注文しました。

出てきたのはこれ。

テーブルの醤油(坂出産)を回しかけていただきます。
もちろん スダチを絞り ネギと大根おろしを混ぜることも忘れません。


トッピングのまいたけの天ぷらは 揚げたてでカリカリでその美味しいこと。

揚がりも軽くて香ばしくほろっと溶けていきます。

肝心のうどんですが 言葉で形容しにくいうどんです。
ゴムのような弾力があるのです。

それでいて硬いとかいうものではなく しなやかで表面はつるつるスベスベ。

ひっぱるとゴムのように伸びているんではないかと思うくらい 弾力があって 一本一本の長さがが長いため 引き上げるとびよんびよんとしなるのです。

こんなうどんは初めてです。
でも麺自体は程よく柔らかく 歯ざわりも優しい美味しいうどんです。

啜りこんでみると のど越しがよく 滑るように滑らかにはいっていきます。

これは生醤油ではなく ぶっかけやかま玉で試してみたいです。

久々に讃岐以外でおいしい冷たいうどんに出会いました。

評判どおり 匠のうどんです。 うまーい!
踊るうどん 

守口市紅屋町6-7
TEL 06-6996-3007

営業時間
11:30〜15:00  
17:30〜21:30
(日祝〜15:00まで)

第2・4・5曜日休み

戻る