×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いちゃりばの 沖縄そば
大阪の大正区は ゼロメートル地帯の低い土地にあり 昔は 他所からの移住者が多いところでした。特に沖縄出身の方が多く 沖縄の物産展 食料品店 食堂が多数存在して リトル沖縄の様相を呈しています。

 ここは 沖縄そばを中心に 沖縄料理を出す食堂で 沖縄に行かなくても あちらの郷土料理が食べられる 楽しいお店です。

麺好きの私は 昔食べた沖縄そばが忘れられず webで調べてここまでやって来ました。
これが沖縄そばです。麺はラーメンの麺に似ていますが かんすいは使わず 代わりに灰アクを使っています。
灰アクといえば 長崎ちゃんぽんとおなじ麺のようですが ここのは平打ちの太麺で ちゃんぽんより細く やや がさがさした感じですが 喉越しは悪くありません。ダシは 鰹と昆布と ブタの身のエキスだと思います。

ラーメンでもなく そばでもなく まさしく沖縄そばそのものです。
一番近いのが 和風ラーメンですが ほわーとした 独特の薄味のダシは 他に較べるものの無い 独特の雰囲気があります。
トッピングは ブタの三枚肉を煮込んだもので ほんのり甘いです。しかし チャーシューとも違うようでした。なぜなら 醤油臭くないのです。
たとえれば きわめてあっさりした豚の角煮のスライスみたいです。だから 箸ですんなりと ちぎれました。

この日は 松の内ということで 昆布の細切りの煮物がサービスでついてきました。
(紅白のかまぼこも 正月サービスでした)
もう一品 ミミガー(ブタの耳)とキュウリの和え物もオーダーしました。

そばが550円で ミミガー250円 〆て800円(消費税サービス)でした。 

沖縄料理を食べるとき いつも思うんですが 使っている食材のわりには 脂っこくなくあっさりしていて しかも塩分も少なく 柔らかな味付けで とてもヘルシーな料理だと思います。

沖縄そばは 普通のソバと同列に扱うと カルチャーショックで拒否反応が出るかもしれません。ラーメンでもなく ソバとも違います。しかし 自分にとって新しい食べ物だと思えば 受け入れられるかもしれません。 
ここは 沖縄そばの他 色々な沖縄料理が ありました。飲み屋メニューも沢山あって おなじみのゴーヤチャンプルーや ふーチャンプルー スクガラス豆腐 豆腐よう やぎ汁(!?)など一通り 沖縄モノが揃っていて 興味深いです。
今度は バイクを置いて 電車で行こうかな(泡盛がのみたいです)

いちゃりば 大阪市大正区三軒家東1-9-12  tel 06- 6552-7868
営業時間10:00〜19:00  
無休 場所は JR大正駅のガード下です。
場所は ここ
ちなみに 「いちゃりば」とは 出会いの場・ですか?違ったら詳しい方 ご指摘下さい。
大正区は ここのほか沖縄料理の美味しい店が 沢山あるらしい。もっとおいしい所を  訪問したいと思う管理人でした。
 BACK