×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

謎の蕎麦屋 拓朗亭 (たろうてい)
エー 今回は割とマジでおいしい所を紹介します。正当な おいしい所というのは B級グルメのブロスとしては 少し恥かしいのですが 越畑 一会庵 と続けばお師匠さんのここを出さないわけにはいきませんでした。たどり着いてみれば・・ふつーの 外見は飲食店 しかも住宅街の中で 周りには殆ど商店は無し。見た目は 蕎麦屋というより 食堂か飲み屋という感じ(失礼)これで 美味しいんですからこりゃわからんわ。予備知識がなかったら 絶対入らないところです。


画像は旧店舗です
店内も普通の食堂ですが 掃除が行き届いてきもちがいいです。店内は 店主ともうひとり女性の方の二人だけテーブルが 4つで14〜5人入れば 満席でしょうか。とにかく 越畑や 一会庵みたいな 構えた所が無くわりとふつーで だまされます(誰がやねん)しかし 例の揚蕎麦はやっぱりあるし(わりと量が多め) そばゆも濃いーのが来るし やっぱりおんなじですわ。タヌ吉君が 目印です。私の行く蕎麦屋には 割と信楽焼のタヌキをよくみますね。商売繁盛の縁起物とよく聞きますが、 それにしても蕎麦屋には多いようにおもいます。入口には 本日の蕎麦の産地が 表示してありました。
これがざる大盛 実は自分の分は食べてしまったので、向かいの人にお願いして 撮影させてもらったのです。(何をあせっているのでしょうね)私は 普通もりを食べたのですが 量は多目です。海苔はかかっていません。いわゆる もり蕎麦ですね。薬味にネギとワサビがついています。わさびは キメが細かく香りがよく 甘くておいしかったです。だしは 甘くなく辛くなく 私にはちょうどよかったです。麺は きりっとコシがあって麺・ダシ共によく冷えて冷たく みるまにすすりこんでしまいました。蕎麦の香りもさわやかでした。
鴨汁そばです。冷たいざる蕎麦を 熱いかも汁につけて食べます。熱いそばは 食べていくうちに たちまち麺がのびて美味しくないので こちらではやらないのですが このセパレーツ式にすれば 美味しくいただけるみたいです。ここのそば粉100%の蕎麦は 極めてデリケートで贅沢ですから 美味しくいただく工夫も プロの技なんでしょうね。
このメニューは 初めての来店では注文できません。2回目以降に食べられる一品です。でも メインの蕎麦切りがあまりにも美味しいので リピーターも多く これを食べる為に もう一度来店するのも いいのではないでしょうか。
ここのオリジナル 蕎麦の実アイスです。
あっさりしたアイスクリームのなかに カリカリの香ばしい蕎麦の実が入っていて 歯に当たると口の中ではじけて 蕎麦の香りが口いっぱいに広がって美味です。周りの黒い丸い実は 丸ごと凍らせたブルーベリーです。

次に行く時は かも汁蕎麦を注文しようと思います。(一回目→ざる 二回目→おろし蕎麦+蕎麦の実アイス)
シメの蕎麦湯は やっぱり濃く しかしくどくなくクリーミーで 三店の中ではいちばんおいしいです。何を食べても 三店の中では一番私の好みでした。
しかし 他の2店に比べ 店の雰囲気はさりげなく 蕎麦専門店にはとても見えません。店主も意外なことに 3店では一番若そうです。
大盛ざるを注文された方はリピーターで 大阪市内から来られたそうです。最初はインターネットで検索して ここを知ったということでした。今は 口コミがネットというところですかね。


・・・・以上が 2005年までの 拓朗亭でのお話しでした。
2006年3月3日からは お店は移転して 近くの表通りに進出して お店も大きく解り易い場所に開店されました。
店内は広く明るく ゆったりした席の並びと こんどの店は座敷席もあって くつろいで食事を楽しむことも出来ます。
あのしゃっきりした蕎麦と きりりとしたダシの味は健在です。

以前感じた 「はんなり」という印象から ややどっしりした たおやかな面が見えてきたような気がします。

ほんのわずか 前よりコシが強くなったような気が・・・・
気のせいですかね。
新しいメニューはこれ。
なんと 暖かい蕎麦。
暖かいものは 2種類しかなく かも南蛮と この天ぷら蕎麦です。

以前の店では 暖かいものはやらないとおっしゃってましたが 新店では新しい物にチャレンジされています。

麺は暖かいダシに負けないように かなりコシが強いもので他所では見られない硬さです。

そのかわり 食べている間も伸びないので 最後まで麺の魅力を味わいながら食べ終えることが出来ます。

天ぷらは別添えにしてあって ダシが濁ることもなく パリパリとした触感を味わいながら 天ぷらを堪能できます。

さて肝心のダシですが かなりあっさりしていて 上品な味にまとめられています。
ダシはよく効いているのですが でしゃばらず奥の方で存在を主張していて 蕎麦の個性にけして負けていません。

こっちこそ 「はんなり」という言葉が良く似合います。

この蕎麦 粋筋が喜びそうなダシの味で 祇園界隈のお蕎麦屋さんに出てきそうな味ですね。
いまはなき 石段下のお蕎麦屋さんが こんな感じでした(とっても私見ですが)

お値段は少し張りますが 手打ち麺に通し揚げのてんぷらというメニューですから 値打ちはあります。

拓朗亭ーたろうてい   (新店舗)
京都府亀岡市安町小屋場77-3

TEL0771-24-4334

定休日火曜日 
宮脇書店の向かいがわで 近くには道の駅ガレリアかめおかがあります。

URL   http://www.taroutei.com/

詳しくは 公式ホームページ↑をご覧下さい。


場所はおよそこの辺
 BACK