×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長崎のトルコライス

長崎には トルコライスという名前の料理があります。

ツーリングで長崎に行くたびに食べ損ねていましたが 2006年の春に念願のトルコライスにありつくことが出来ました。

しかし 事前の下調べをせずに ぶっつけ本番でいったので 当然店の場所が判らず 駅前のそれらしい店を適当に選びましたが 入ってみると立地はよいレストランでしたが ビジネスホテル付属のレストランで 夕飯時にもかかわらず お客さんは私一人のガラガラ状態という デンジャラスな状況に陥ってしまいました。
トルコライスの内容は 味の薄いカレーピラフに ケチャップ味のスパゲティ それとトンカツに野菜サラダがひとつの皿に乗った ワンプレートランチでした。
トンカツが案外味がよく やや身の薄い揚げたてのかつは パリパリ感が際立って ドミグラスソースもやや甘めなのが この場合意外にマッチしていました。
 薄味のカレーピラフが味を主張せず スパゲティも主役の邪魔をせず 量もちょうど良く 全体のバランスが良くて ボリュームのあるこの大盛りプレートでも あっというまに胃袋に納まってしまいました。

ポタージュスープもついて 1000円以下なのはかなりお得だと思います。
量が多くカロリーも高いので 値段と共に満足感の高い一品でした。
さて トルコライスのネーミングについて調べてみました。
諸説ありますが 一番の主流の説は 
カレーピラフ(インド:アジア代表)
スパゲティ(イタリア:欧州代表)
トンカツ (日本洋食:アジアと欧州の橋渡し)

アジアと欧州の真ん中をとって 「トルコ」
なのだそうです。

こじつけっぽいですが 美味しければなんでもい〜んです!

店名その他不明です。
場所は長崎駅前 バスターミナルの右隣のビジネスホテルの1Fです。

「トルコライス」を食べるなら 長崎市内の浜のまち商店街や 思案橋方面 新地中華街などで捜されるほうが 人気店が見つかるし 無難です。

でもわたしの行った店も 悪くないですよ。
今時ポタージュスープをつけてくれる真面目な洋食屋さんは めっきり減ってしまいましたからね。 

トルコライスは カロリーも高く ダイエット中の人には要注意メニューです。
でも だからこそ 魅力的なメニューなのですね。

戻る