×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鳥取日帰りツーリング
ダブルシートのテストがてら カブで長距離チャレンジをやってみました。
走ってばかりで いつものようなレポはできません。とにかく走りました。
連休中 少しばかり会社の無理を聞いて 1日出勤したおかげで 5月6日 平日一日だけ 休みをもらいました。連休中は カブには乗ってませんので 今日は 新しいシートのテストを兼ねて 長距離一気走りといきましょう。 
朝六時に起きて支度をして 自宅の高槻を出たのが AM7時頃。いつもの山越えで亀岡へ出ます。亀岡の吉○屋で朝飯 AM8時頃 その後 R9号をひた走って 福知山へは9時過ぎに到着しました。・・・「速いやん」予想より ずっと速い展開に感動すら覚えて 先行きの見通しの明るいので 期待が膨らみます。ずんずんと R9号を
西へ西へ 突き進んでいくと 夜久野を越え 和田山を越え 八鹿までやって来ました。
道の駅 但馬楽座で一休みします。ここへ来るまで ケツが痛いの何の(失礼!)ハンパじゃありません。ものすごく硬いシートで 収まりも悪く 座る場所を良く考えないとまたぐら(失礼)も相当痛いです。耐久レポですから 私が犠牲になって 皆さんにお知らせしなければ・・という使命感に燃えて 進みましょう。少し休憩してから 出発しました。
関宮町のループ橋まできました。もうひた走るだけです。シートの方は 前に座ったり 後に座ったりで 体の方をシートにあわすようにしたら すこし馴染んできました。
兵庫県温泉町の湯村温泉にある「ときわ食堂」です。ここ安くて美味しいと 先輩から 教えてもらったのでここを目指してやってきたのですが AM11時で まだ開いてない様で 暖簾がかかっていません。
・・で 時間的にまだ走れるので 開店までにもう少しすすもうと 走り出したのですが、湯村を出ると「鳥取まで33キロ」というカンバンを見つけて、やる気が出てきました。
                 
とうとう鳥取砂丘までやって来ました。嘘みたいです。11時半すぎくらいについて、少しだけ散策しました。らくだと一緒に撮影するのに 100円いるんですね。らくだに乗ったら500円。知らないで撮ったら 100円徴収されました。その勢いに圧倒されて 早々に退散しました。
湯村温泉に戻って ときわ食堂へ行ってみると まだ閉まっているようで、どうも定休日のようでした。しょうがないので 来たついでに 荒湯を見学して 薬師湯に入って湯村を後にしました。シートの方は だいぶこなれてきて お尻も痛くなく 馴らしも済んだようです。しかし 私の体が馴染んだだけかもしれません。
湯村の町を出てR9号線の春木峠付近の 春木トンネル手前で 事故のトラック引き上げ現場に 遭遇しました。なんでも 朝 落ちたそうで 私が行きにここを通った時は もう落ちていたのですね。4トンの九州のトラックでしたが ドライバーの状況は 聞いていませんが 多分大丈夫でしょう。(破損状況が 比較的少ないようでしたので)
福知山市内の バイパス沿いのレストランで 遅い昼食をとってから 高槻の自宅に帰りついたのが PM5時くらいでした。往復の所要時間は 10時間でした。総走行距離434キロ ガソリン消費量 12.3リッター 平均燃費35.28Km/Lでした。意外に燃費悪いでしょ。私の運転が 荒いのです。休憩を差し引くと 平均速度50Km/h位で走ってますから。シートの方のすわり心地は 大分よくなり 柔らかくなりつつあって 私の「尻」にあわせた形状になりつつあります。でもロングツーリングには 不向きでしょうね。1〜2泊向きって所でしょうか。えっ 普通の人は これで充分ですって? ごもっともでございます。
あー 疲れた 帰ったら爆睡でした(笑)
今回のシートの馴らしツーリングですが どうも私の「尻」の方の 馴らしツーリングになりました。しかし これを読んでいる殆どの人が うそ〜とか バカなやつとか言われそうですが こんなバカもいます、ここに。鳥取砂丘と事故現場はこちら
 BACK