×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宇和島の 手押しじゃこてん

四国愛媛県に来ると いつも楽しみにしているのは 揚げたて 熱々のじゃこてんを食べることです。

たいていは JR松山駅前のスタンドで買って そのまま じゃこてんにかぶりつくのですが、今日は本場宇和島に来て 産地ならではの本物を味わいました。 

ここはお城のそばの アーケード街脇の 田中かまぼこ店。

駅前には蒲鉾店は多いですが 作り立てを実演販売している店がなく ここまで来てしまいました。

このときは おばちゃんにお願いして あげ場の横のスペースの椅子をお借りして その場で食べさせてもらいました。

おばちゃんが 目の前で揚げてくれるじゃこてんは 例える物がないくらい 美味しいものです。

澱粉などの増量剤を使わないすり身(ほたるじゃこという魚を使います)だけを練って その場で型に押して 手で揚げるじゃこてんは 素朴な味と歯を押し返す弾力 香ばしい匂いと3拍子揃ったたいへん美味しいものです。

 揚げたてをかぶりつく至福の喜びは いささか行儀は悪いものの ここまでたどり着いたものだけが味わえる秘密の楽しみなのです。

ここの町の小学生は 揚げたてを紙に包んでもらって 買い食いしながら帰るのでしょうか。

昔 お肉屋さんの店頭で コロッケを紙に包んでもらって頬ばりながら帰った 小学生時代を思い出しました。
皆さんは そんな行儀の悪いことをした想い出はありませんか?

こんなに美味しいものがあるなら 宇和島に生まれたかったなぁ。

揚げたてのじゃこてんは かぶりつくと湯気がでて 魚の上品な香りと 小骨の砕かれたものがざらざらして 野趣があるのにクセがなく 素材の甘さが際立ち 旨みだけが最後まで残ります。
 

おばちゃんに道を聞くと丁寧に教えてくれました。
「この道をまっすぐ行って そこを曲がって・・・・」
とやっているところです。

まな板の上にあるのは かた押しをしたすり身の残りと 抜き方と竹べらです。

その隣が フライヤー(油揚げ器)
その向こうが 油きり皿(バット)
目の前で揚げてくれて その場でいただきました。


田中蒲鉾本店
宇和島市中央町 1-6-15
TEL 0895-24-0215

戻る