×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006/4/30

GW前半 急遽仕事が入って2日日程が遅れ 出発したのは 連休2日目の夕方になりました。

出発の遅れは 準備の遅れにも繋がり いつも財布とは別々にしている クレジットやキャッシュカードをいれているパスケースを 家に置いてきてしまいました。

高速道路に乗って神戸についてから そのことに気がつきました。

自宅にカードを取りに戻ろうかと 随分迷いましたが 所持金を少し多めに持って来たこともあって このまま船に乗ることにしました。

そこで 今回は緊縮財政と決め やりくりしながらツーリングを続けましたが 少ない予算でどれだけ楽しめるか これはこれで楽しいツーリングになりそうです。
吹田サービスエリアで一休み。
近頃の高速のSA PAは2輪駐輪場がちゃんと設置してあります。

我々2輪ユーザーだって ちゃんと高速料金を払っているのですから 専用駐輪場があってあたりまえなのです。






神戸六甲アイランド港に着きました。
予約していたチケットを 2時間半早い便と交換してもらいました。

これで九州上陸初日の日程に余裕が出ます。

ビルの陰に見えているのは船の舳先。
これからあの船に乗り込むのです。

旅の最初 港に来ると いつも気持ちは高まってワクワクしてきます。

阪九フェリーHP
港でご一緒したのは 6発のCBXのオーナーさん。
単身赴任で神戸に来ておられて 今日博多へ帰省されるところ。

家族に会える喜びからか 終始にこやかな表情でした。

まるで新品かと思われるベストコンディションの個体で 日頃からの溺愛ぶりが想像されます。

見知らぬ人でも この時は勇気を出して声を掛けて挨拶をします。
このときお話した人は たいてい2等の同じ部屋で 目的地まで一緒に話をするつかの間の友人になります。
CBX氏の勇姿(後バージョン)
早く家へ帰りたいという気持ちが 後姿ににじみ出ています。

はやく船に乗せてくれよー って(笑)

バイク乗りは 積載の方法から 最初に乗船させられるか それが出来なければ 最後の乗船になります。

クルマの邪魔にならない隅っこに乗せられるためです。
こちらは船の中から。

私はバイクに跨っていますから カメラを肩越しに後に向けて ノーファインダーで船の外を撮っています。

こんな画像は 船に乗ったことのある人でも なかなか撮れません。

フェリー未体験の人 バーチャルで味わってください。
導入部に敷いてある鉄板は 雨の日などは滑りますから 充分気をつけて侵入してください。波状路になっていますから 直角に侵入しないと はじかれて転倒することもあります。

おおっ 波状路!!教習所以来です。
練習の成果を試す日が やっと来た! (笑)

バイクは 船倉の両サイドの隅っこ(笑)の指定場所に固定されます。
ルールは サイドスタンドを出して ギアは1速に入れます。

荷物は通常降ろします。

バイクは 地面にしつらえられた鉄のリングに2点で引っ張ってロープで固定されます。

ロープはバイクのシートの部分を押さえて固定しますが シートの当たる部分は 毛布を掛けて保護されます。

バイクに傷がつくのが心配な人は フェリーには怖くて乗れませんね。
めったに傷がつくことはありませんが その可能性はゼロでは有りません。
誰よりも先に乗船するバイクのりの特権は 誰よりも先に浴室に入れることです。

このとき一番風呂を逃すと 浴室は混雑するため 風呂に入り損ねることもあります。

ライダーの合言葉は 風呂! メシ! 宴会!(笑)
なのです。
見知らぬ人でも バイクのり同士は話しやすいです。
この2等船室では バイク乗り三人 自転車旅行者1人 一般客2人。思ったより空いていて ゆったりと出来て快適でした。
CBX氏とT-MAX氏 共に関西から博多へ帰省されるところ。自転車氏は大阪人。
近頃の船は2等船室が少なくて 2等寝台が一番多く その次が1等室 その次に2等室の順に部屋数が多いです。

この船では 1等と値段が少ししか変わらない 2等寝台Aという部屋があって 部屋は完全個室、机やイスや 洗面台まであって 狭いビジネスホテルの部屋のようです。

・・・・・この画像は 2等室からみた廊下の様子です。

女性一人の客は 2等でもレディースルームの設定があって 安心して泊まれます。(向かって左側の一番向こう奥の部屋がそうです)
出航するとすぐに夕食を食べる為 船内のレストランへ。

連れはCBX氏。
私は九州航路らしいものを食べようと、いわしめんたいの焼き物と味噌汁とご飯にしました。

メンチカツとかカレーでは 気分が出ませんから。
(いわしめんたいとは 生の鰯の腹に 辛子明太子を詰めてしばらく漬け込んだもの 博多の料理です)

味は長距離フェリーのレストランの中では美味しいほうです。

辛いものには定番のつけあわせなのか 福神漬けがついてきました。カレーのつもりなのかしらん?(笑)
食後 博多のバイク乗り(CBX氏とT-MAX氏)に いろいろと北九州の道路状況と宿泊状況をお聞きします。

生の情報を得るのがフェリーでの最重要課題。
この時の情報が 一番役に立つことが多いですから。

でも本当は 同じバイク乗り 同じツーリングライダーとお話しするのが なにより楽しみなんですけど。

この日は 仕事をやり終えてからのツーリングとあって いささか疲れ気味。
他の人には悪いですが 早々に床に就きました。
今日は缶ビールもなし。

おやすみ・・・・・

戻る        翌日→