×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

桜旅 早春高知 2006/3/23 初日

毎年の桜旅 今年は桜の開花が早いらしく ネット情報で高知のお目当ての桜の開花が3月20日と報じていました。

私は居ても立っても居られず 開花3日目にして 高知へと旅立ちました。
早朝6時半に高槻を出て 朝のラッシュが始まった大阪市内からR26号を大阪湾沿いに進み 和歌山港にたどり着いたのが9時15分。

まさか 9時20分の船には乗れると思いませんでした。
これに乗れなかったら 次の船は11時25分 2時間待ちになるところでした。

南海フェリー乗り場受付にて。
地図

「今からでも乗れるんですか?」
「どうぞ」
間に合わないと思っていただけに とても嬉しかったです。

赤いボトルは ドリンクホルダーに差し込んだ 予備のガソリンタンク代わりのシグボトルです。

バイクは私と初老の男性の二人だけでした。
2時間の船旅の間 少し居眠り。

5時起きだったので この時とばかりめいっぱい休みます。

私の弱点は 睡眠不足に弱いこと。
しかし 睡眠さえ充分なら 大抵の無理は利きます。
目が覚めたら 四国の入口徳島県です。

やはり下船は最後にまわされました。
バイクはいつも後回しです。

気を取り直し 徳島県を走り出します。
まずは四国を時計回りに 太平洋岸を南下します。

潮の香りを嗅ぎながら 日和佐 海部 そして高知県の最初の町 東洋町へ。
ここは 少し前までフェリーが立ち寄った町でしたが 今はその便もなくなり ひっそりと静まり返っています。
そこを過ぎると いよいよ室戸岬に続く長い回廊です。
 白波を上げる黒潮の流れを左手に見て なぜか生めかしい香りが ずっとしています。
以前友人に教えてもらった あの匂いです。

桜が開花間近のころ強い香りがして それが桜のつぼみの香りだと教えられたのですが 朝からその香りが強くするのです。
これが春の香りなのでしょうか?
黒潮洗う岬先端の最御崎寺を周り V字型をした室戸岬に沿って太平洋岸を北上することになります。

岬を少し周ったところで一休み。
道の駅キラメッセ室戸で食事をとります。
地図

2時過ぎの昼食は レストランも空いていて ゆっくり出来ました。

ここでやっと高知ユースに電話をして 今日の宿泊予約を取りました。

ここに来て 夕方までに高知までたどり着くめどがついたからです。
高知市内に着きました。

土佐電鉄 高知市民の足 路面電車です。
この近くに坂本龍馬の生家がありました。

大通りに面した場所に 看板が出ています。

土佐人は郷土の英雄を誇ります。

龍馬 中岡慎太郎 武市半平太 板垣退助 後藤象二郎 山内容堂 多くは幕末の志士であり 殆どは明治維新前に亡くなっていますが だからこそ郷土の人に愛されているのかもしれません。
JR高知駅から 二つ向こうの 円行寺口駅から歩いて数分のところにある高知ユース。
地図

クルマ用の駐車場と 屋根つきバイク駐輪場も完備しています。

中はこじんまりしていますが 清潔で暖かく 木の温もりが素敵な 感じのよいユースです。




割り当てられたのは4人部屋の「空」という部屋。
他所のユースなら 6人部屋くらいの広さの空間を 4人でゆったり使います。

ユースでは普通はドミトリー方式といって 相部屋方式なのです。

一人で行ったら 他人と相部屋になるのですが グループや家族なら一部屋利用も可能です。

このユースでは相部屋の他 一人部屋も用意されています(ただし 料金は少し高くなると思いますが)
各部屋にはテレビが完備されています。

風呂に入って すぐに夕食。
このユースは6時から7時過ぎまで いつ食事をとってもいいシステムです。

夕食は土佐らしく 鰹の刺身が出ました。
あとはうどの煮物 野菜のかき揚げ 野菜の和え物(ゴマミソ和えでした) 大根 こんにゃく 練り物の炊き合わせが出ました。

どれも酒の肴にぴったりです。

夕食とは別払いで お酒を頼みました。

この3本 どれも生酒だそうで 日本酒があまり得意ではない私でも 一口で美味しい酒だとわかりました。

どれも熱処理を全くしていない生酒です。
春のこの時期は 生酒が沢山出回る頃だそうで どれもフルーティで美味しく 特に右端のやつは 甘くて酸っぱいにごり酒でした。

この日は小さなウィスキーグラスで 3杯いただきました(3つで500円)

そのほか 物足りなかったので もう一種類いただき、更にオーナーのご好意で 果実酒を何種類か味見させていただき 大満足の夜でした。

酔鯨なんて 粋な名前ですね。

  土佐の鯨は大虎で 腕と度胸のおとこ伊達 いつでも酔って候・・・
土佐の殿様 山内容堂を題材にした 柳ジョージさんの歌ですね。

鯨海酔候 噂の容堂・・・・・・

美味しかったです。

ここのユースは門限が遅く 23時までに帰ればいいので 町で食事してから帰っても充分間に合います。(他所のユースの門限はもっと厳しいです)

ユースは食事を頼まない素泊まりの設定もありますから シティホテル利用にも似た使い方が出来ます。
また、このユースにはパソコンが置いてあって 自由に使わせてもらえます。

消灯時間の0時までたっぷり使えます。

この日も自分の掲示板への書き込みに 使わせてもらいました。

今日も元気いっぱい!
     1    /    2    /    3  



戻る